ひざ下脱毛は肌トラブルが出やすい

ひざ下は肌が露出しやすい部位です。ツルスベの肌を手に入れたいという方は少なくありません。ひざ下は男性が気にする部位でもあり、人気の脱毛部位第2位です。

脱毛をしやすい部位ですが、肌トラブルが出やすい部位でもあります。自己処理でブツブツができてしまうこともあり、ミニスカートなどを自信を持って履けなくなってしまいます。どうすればきれいにひざ下の脱毛をできるのでしょうか。

カミソリや毛抜きは肌の負担が大きい脱毛方法で、繰り返し脱毛をしていると色素沈着やブツブツができます。

カミソリを使用する場合は、必ずローションやワセリンで肌を保護します。色素沈着はカミソリの刺激でメラニンの生成が促されることでできますが、保護すること摩擦が減ります。

不衛生なカミソリの使用はブツブツや傷口から雑菌が入って化膿することがあります。清潔で新しいカミソリならきれいに脱毛しやすいです。お風呂場で脱毛することもあると思いますが、お風呂場は雑菌が繁殖しやすいので、お風呂場での脱毛は避けましょう。

毛抜きをするときは、蒸しタオルを肌に当てて毛穴を開かせてから行います。毛穴が閉じたまま毛抜きをするとブツブツができやすくなります。

カミソリでも毛抜きでも、脱毛後は肌の保湿を入念に行います。肌が弱くなっているので刺激が少ない化粧品で保湿しましょう。

気をつけて脱毛をしていても肌トラブルがでてしまうことがあります。きれいに脱毛するならサロンやクリニックがおすすめです。

レーザー脱毛は出力が強いため強い痛みを感じますが、ひざ下は比較的痛みが少ない部位です。麻酔を使用して痛みを軽減することもできます。費用は若干高めです。

光脱毛はレーザー脱毛よりも出力が低いので効果が表れるまで回数が必要ですが、痛みが少ないです。毛穴が引き締まり、肌に透明感がでる働きもあります。しっとりツルスベの肌に近づいて、ミニスカートも自信を持って履けるようになるはずです。レーザー脱毛に比べて低価格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です