ひざ下脱毛は肌トラブルが出やすい

ひざ下は肌が露出しやすい部位です。ツルスベの肌を手に入れたいという方は少なくありません。ひざ下は男性が気にする部位でもあり、人気の脱毛部位第2位です。

脱毛をしやすい部位ですが、肌トラブルが出やすい部位でもあります。自己処理でブツブツができてしまうこともあり、ミニスカートなどを自信を持って履けなくなってしまいます。どうすればきれいにひざ下の脱毛をできるのでしょうか。

カミソリや毛抜きは肌の負担が大きい脱毛方法で、繰り返し脱毛をしていると色素沈着やブツブツができます。

カミソリを使用する場合は、必ずローションやワセリンで肌を保護します。色素沈着はカミソリの刺激でメラニンの生成が促されることでできますが、保護すること摩擦が減ります。

不衛生なカミソリの使用はブツブツや傷口から雑菌が入って化膿することがあります。清潔で新しいカミソリならきれいに脱毛しやすいです。お風呂場で脱毛することもあると思いますが、お風呂場は雑菌が繁殖しやすいので、お風呂場での脱毛は避けましょう。

毛抜きをするときは、蒸しタオルを肌に当てて毛穴を開かせてから行います。毛穴が閉じたまま毛抜きをするとブツブツができやすくなります。

カミソリでも毛抜きでも、脱毛後は肌の保湿を入念に行います。肌が弱くなっているので刺激が少ない化粧品で保湿しましょう。

気をつけて脱毛をしていても肌トラブルがでてしまうことがあります。きれいに脱毛するならサロンやクリニックがおすすめです。

レーザー脱毛は出力が強いため強い痛みを感じますが、ひざ下は比較的痛みが少ない部位です。麻酔を使用して痛みを軽減することもできます。費用は若干高めです。

光脱毛はレーザー脱毛よりも出力が低いので効果が表れるまで回数が必要ですが、痛みが少ないです。毛穴が引き締まり、肌に透明感がでる働きもあります。しっとりツルスベの肌に近づいて、ミニスカートも自信を持って履けるようになるはずです。レーザー脱毛に比べて低価格です。

自己処理が難しい部位のOラインはプロに任せるのがおすすめ

Oラインとは肛門の周りの部分のことです。自分では見ることができないので、自己処理が難しい部位です。デリケートな部位で自己処理をして傷つける恐れがあるため、自己処理はせずプロに任せるのがおすすめです。

Oラインの脱毛は脱毛サロンやクリニックで受けることができます。サロンとクリニックでは使用しているマシンに違いがあります。
サロンでは主に光脱毛を行っています。光脱毛は黒い色素に反応する光を使用しており、光を照射すると毛が熱エネルギーを吸収します。熱のダメージで自然と抜け落ちるようになります。

出力が弱いため痛みは少ないです。一瞬ゴムではじかれたような痛みです。

クリニックでは医療レーザー脱毛を受けることができます。光脱毛に比べて出力が高く効果が高い脱毛方法です。永久脱毛とは脱毛終了1か月後の毛の再生率が20%以下の脱毛のことをいいますが、レーザー脱毛はこの定義に当てはまります。アメリカのFDAに認可された永久脱毛マシンもあります。

レーザー脱毛でも黒い色素に反応する光を使用しています。光を照射すると毛が熱を吸収し、熱が広がって毛乳頭が破壊されます。毛乳頭は毛の製造工場の毛母細胞に栄養を与える部位で、毛乳頭が破壊されて栄養を受け取れなくなることで毛が生えてこなくなります。

出力が高いため、光脱毛に比べて痛みを強く感じます。特にデリケートな部位は痛みを感じやすいです。痛みが心配になるかもしれませんが、医療機関なので麻酔で痛みを軽減することができます。心配な場合は医師に相談してください。

Oラインは色素沈着しやすい部位です。光脱毛もレーザー脱毛も黒い色素に反応する光を使っているため、色素沈着がひどいと脱毛できないことがあります。日焼けしているときも脱毛できません。

施術回数はサロンでは10回以上受けると満足できます。レーザー脱毛に比べて出力が弱いため回数が多くなります。レーザー脱毛の場合は5~6回ほどで効果を実感できます。脱毛は毛周期に合わせて2~3か月に1回行います。